銀行カードローンの選び方「6つ」のポイントとは?

銀行カードローンの選び方についてお困りですか?
現在さまざまな金融機関でカードローンが取扱されていますよね。

そのような中で、あまりにもサービスが多いため広告を見てみても、イマイチどれがいいのか分からないという方がとても増えています。

このページでは、どのようなポイントに着目して銀行カードローンを選ぶべきか、その選び方について分かりやすくご紹介。

銀行カードローン選びに困っていた方はぜひとも参考にしてください!


自分の限度額を知る

銀行カードローンの選び方、ポイントその1。

それは自分はいくらを限度に借り入れできるのかを知ることです。

銀行カードローンの選び方でどうして限度額を気にしなくてはいけないのか確認してみましょう!


身の丈にあったサービスの選び方を知る

どのような銀行カードローンも気軽に申し込みできるのかと言われるとそうではありません。あまりにも身の丈に合わないサービスを選んでも審査に通ることはできません。


年収に対する割合は?

銀行カードローンは総量規制には該当しないものの、年収に対して大きすぎる借り入れが許容されているわけではありません。限度額の総額は年収の3分の1~2分の1が目安です。


銀行カードローンが即日使えるかどうか

銀行カードローンの選び方、ポイントその2。

それはどのタイミングで借り入れできるのかを知ることです。

銀行カードローンの選び方で気を付けたい、即日使えるのかどうかの判断ポイントを確認してみましょう!


即日使える銀行カードローンとは、ローン契約機に対応したサービス、振込融資に対応したサービスなどがあります。

この他にもキャッシュカードにローン機能が追加されるタイプの銀行カードローンならば、手持ちのキャッシュカードをそのまま使うことができるので比較的早く手続きが完了します。

特に急いでいない場合は即日融資にこだわらなくてもよいでしょう。郵送で手続きをする場合は、申し込みから1週間~10日ほどでカードローンが使えるようになります。


安心できる銀行カードローン業者を選ぶ

銀行カードローンの選び方、ポイントその3。

それは安心してサービスを利用できるのかどうかです。

銀行カードローンの選び方で迷う場合は、自分が安心できるかを基準に選んでみることをおすすめします!


金利が低い

消費者金融カードローンと比較して、銀行カードローンはとても低金利。金利が低い分支払う利息は少なくなるので、その分ゆとりをもって返済できる安心感があります。


信頼できる

消費者金融も顧客サービスに力を入れているものの、やはり金融機関のほうが信頼できると感じる方が多いです。特にメガバンクのサービスはサポート体制も整っており安心感が強いと好評です。


相談しやすい

いつも利用している金融機関のサービスならば、分からないことがあっても相談しやすく安心です。


金利と手数料を確認

銀行カードローンの選び方、ポイントその4。

それは金利や手数料など、借りたお金を返す以外にどのような費用が発生するのかを知ることです。

銀行カードローンの選び方において、トータルの費用をきちんと考えることはとても重要。金利・手数料について確認してみましょう!


下限に惑わされない

基本的に金利は限度額に応じて段階的に設定されています。一番低い金利で比較するのではなく、実際に自分が利用する限度額の金利を比較することが重要です。


その他の手数料は?

銀行カードローンでは金利以外にも手数料が発生する場合があるので調べておきましょう。借入・返済時のATM手数料や振込手数料も利用回数を重ねると負担は大きくなります。


郵送物があるかどうか

銀行カードローンの選び方、ポイントその5。

それは郵便物があるかどうか。もしも家族にカードローンの利用を知られたくないのに郵便物が届き、その郵便物を家族が見てしまったら…。

このようなトラブルを回避するためには、郵便物の有無を確認しておくことが大切です!


郵便物は必ず届く?

基本的に郵便物は届くと考えるほうが安心です。郵便物の種類は契約書、カード、利用明細などがあります。


郵便物が届かないようにしたい

郵便物を少なくするにはなるべく店頭窓口で手続きを行います。契約書やローンカードを店舗で受け取りすれば郵送物が送られてくる心配はありません。

ただし利用明細は郵便物として送られてくる可能性がありますが、インターネット明細に対応していれば郵便物を回避できます。


返済方法と返済期間をチェック

銀行カードローンの選び方、ポイントその6。

それは返済方法や返済期間など、借りる時だけでなく返す時のことを知ることです。

一見、似たようなサービスに見えても意外と違いのあるのが銀行カードローン。選び方において、返済についての知識を身に着けることはとても大切です!


返済方法の種類

返済方法にはいくつかの種類があります。まず一番多いのが口座からの引き落とし。これは毎月決まった営業日に口座振替にて返済する方法です。

口座振替は自動的に返済されるので返済のし忘れが無い支払い方法になっています。

次にATMからの入金があります。これは指定期間内にATMから入金をする方法。ATMからの入金は自分の都合のいいタイミングで支払いできますが、返済のし忘れに注意しなくてはいけません。


返済期間と利息の関係

同じ金利、同じ金額でカードローンを使っても、返済期間が異なれば支払う利息に違いがあります。返す期間は短ければ短いほど利息を節約できるのです。

銀行カードローンの選び方では毎月いくら返済するのかがとても重要になっています。返済額が大きければ返済期間は短くなりますが毎月の負担は大。

逆に返済額が小さければ返済期間は長くなりますが、その分毎月の負担は小さくなります。支払いの負担が気になる方は、繰越返済を上手く使いましょう。


選び方に注意して自分に最適な銀行カードローンを

現在都市銀行、ネット銀行、地方銀行、信用金庫などさまざまな金融機関で銀行カードローンを使うことができます。

このページでは選び方が分からない時に役立つ、銀行カードローンの選び方のポイントを6つ紹介しました。

どのサービスを選んでも同じなのではないか?と選び方に困っていませんか?

ここで紹介した選び方のポイントを押さえておけば、きっとこんな違いがあったのか!と気が付くはずです!


選び方1 自分に合った限度額

まず大切なのが自分に合った限度額のサービスを知る選び方。収入に対して大きすぎる限度額を希望する選び方では審査に通ることはできません。


選び方2 いつ使えるのかを知る

お急ぎの方ほど実際にいつ使えるのかを知る選び方が重要です。逆に特に急いでいない場合はスピードにこだわるのではなく、サービスの品質に着目する選び方をしてみましょう。


選び方3 不安なく使えるかどうか

焦ってしまい適当な選び方をすると、不安を抱いてしまうことも。安心して使えるサービスなのかをリラックスして考えましょう。


選び方4 具体的な金利をチェック

下限の金利だけに注目する選び方は厳禁。自分が契約する限度額に設定されている金利を比較した選び方を徹底しましょう。その他に手数料が発生しないかどうかも大切です。


選び方5 郵便物の準備

どうしても郵便物を回避したい場合は、なるべく店頭で対応してくれるサービスを選びましょう。


選び方6 返済のしくみを知る

借りることだけに意識した選び方はおすすめしません。どのように返していくのかもしっかり把握しましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

カテゴリー

ページ上部へ戻る